初めての養育でびっくりことや婦人となる家内の偉大さに気付いたポイントについて

ずっと夢見ていた養育を、ついにすることになりました。今どき、分娩をして可愛いわが人を毎日お一般話。
幸せな毎日だと思っていましたが辛さの長続きだ。
朝方している時は、乳幼児が寝ているときに、やかましくない家事を行います。便所メンテや銭湯メンテ、洗濯だ。
乳幼児が起きると、授乳をしてお散策にいきます。外側が好きなのかお散歩しているとすぐに寝てしまう。
しかし、我が家に帰るとギャン泣きで、なかなか寝てくれません。

昼過ぎは、自分と主人間の夕飯を作りますが、やはり彼氏やるのか泣いてしまい抱っこして原則ご飯が、なかなか
作れませんので困ります。

アプローチが離せないわたしを見て主人間は、乳幼児をお銭湯にいれてくてたり、レクリエーション相手になってくれたり
養育を手伝って貰える。

手厚い主人間なのですが、乳幼児の養育や保育園など、乳幼児のルールに関して、我々に任せるとしか
言ってくれないので悩みを打ち明けても、意味がないので切ないし、わたしが決めて失敗するとあとから
自分は、こうなると思っていたと、まるで後生み出しじゃんけんのように発言して攻めてくるので辛いです。

養育に対策が居残るなんて言わないですが、毎日愛らしいわが人が面白く幸せに暮らして欲しいので
いろいろ考えています。http://www.herzogdemeuron-film.com/

初めての養育でびっくりことや婦人となる家内の偉大さに気付いたポイントについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です